包茎手術を受けよう【病気のリスクを回避する】

レビトラの服用時の効果

悩む男性

男性専門のクリニックや泌尿器科クリニックで勃起不全の治療に処方される薬はレビトラであることがほとんどです。レビトラは中に含まれているバルデナフィルという成分が性的な興奮による勃起をうながすのです。そんなレビトラはほとんどの勃起不全に効果があると言われています。レビトラは薬の成分量に関わらず、一時間弱もあれば効果が発揮されると言われています。また、レビトラを服用してから最短15分程で性的な興奮によって勃起が可能になったという検証結果も出ています。レビトラを服用してから効果が無くなるので時間は処方されている薬の成分量によって異なってきます。10mg錠なら3時間強で20mgなら4時間弱ほどで効果がなくなってしまいます。そうなってしまうとレビトラを服用する前の勃起のしづらい状態に戻っています。ですが、レビトラは服用した人の年齢によって効果に差が出ます。レビトラは服用した人の年齢が上がっていくほどに効果が強く出る傾向があるので、同じ10mg錠でも20代の人が服用すると3時間ほどで効果が切れてしまいますが、65歳以上の高齢者の人が服用した場合には3時間半ほど効果が継続されるので、もしレビトラの効果が効きすぎていると感じた場合には服用するレビトラの量を減らすことがいいです。レビトラは空腹状態でも服用した時にも食事の後に服用した時と効果の効き始める時間は変わらないことが特徴の薬です。また、レビトラを服用している人の中には空腹状態の時の方がより効果が効きやすいと思っている人もいます。それは、食後はレビトラの中の成分のバルデナフィルの吸収がゆっくりですので、効果が現われるのが空腹状態よりも少し遅くなってしまいます。